20代の社会人にオススメ!副業5選!

新しいキャリアを模索している20代の社会人の方はたくさんいます。

とはいえ、新卒や中途などで就職したばかりの企業にこれからまた転職をするのはハードルが高いと悩むところでしょう。

そこでオススメしたい方法が「副業」です。

本業で安定した給料がありながら、副業にチャレンジできます。

今回は20代でオススメできる副業を5つ用意しました。

① 学生より有利に副業で稼ぐ5種
② 20代が副業を行う理由

の流れで、オススメの理由もふまえて簡潔にご説明します。

これからの働き方や老後に不安を感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。

学生より有利に副業で稼ぐ5種

転売(物販)

年齢を重ねると、20代や若者達は何が欲しいか分からなくなります。

転売(物販)ビジネスでも、釣り好きの方が釣り道具を見てすぐにその価値を把握できるように、20代は20代向けの商品の取り扱いに優位性があります。

また転売系の副業で収益を出すためには、セールス力とリサーチ力の技術が必要です。

これは多くのビジネスの基本であり、転売ビジネスでは予算を組んだり、在庫を管理したり、利益率を考えたり経営力が磨かれます。


・メルカリ販売
・バイマ
・電脳せどり
・店舗せどり
・中国輸入ビジネス

ガテン系

20代と30代以降の年齢とでは、肉体労働系の副業をする人が極端に減ることです。

時給が高くても30代以降になれば体力が問題になり、長い時間の力仕事にはやりがいが見い出せなくなります。

だからこそ、できるときにやりきってみるというのもいいですね。


・引っ越し作業員
・イベント会場設営スタッフ
・倉庫整理スタッフ
・工事現場の作業
・建設現場のスタッフ

教育系

20代は学生の頃の知識を頼りに、学生向けの塾講師や家庭教師などが出来る年齢です。

スポーツインストラクターやヨガなどの講師業も人気があります。

学生や中高年がライバルにならないので有利ですね。

また、教える系の副業は「説明スキル」が成長します。

20代のうちにプレゼンテーションや企画書の経験を積んでいくことは、30代以降や中間管理職になってからとても強みになってきます。


・家庭教師
・英会話の講師
・結婚相談スタッフ
・スポーツインストラクター
・FP
・占い師

投資系

ビズスパ!フレッシュの平成30年5月の『20代の時にやらずに後悔した事』によると、40代から50代のトップ3は『3位語学の勉強、2位貯金、1位資格の取得』でした。

しかし、全ては肯定できません。

1位の資格取得は、勉強にかかる時間がもったいないので、副業で案件受注して現場の叩き上げで技術を身に着ける方が効率的です。

現在は、資格取得よりも実務経験が生きる時代です。

2位の貯金は、20代の給料では貯金できる金額が少ないです。

将来の役に立てるなら、自己投資をすべきです。

20代で成功や失敗を含めた投資の経験は、30代40代の資産運用にも生きてくるはず。

3位の語学勉強は、勉強という時点で効率的ではありません。

ビジネス英語を習得するためには、積極的に自分から英語を話すことが不可欠です。

実際に、外国の方と話す話す機会を設けたり、英語圏の仕事を受注した方が速いです。

20代で投資をするのであれば、下記が無難ではないでしょうか。

もし、下記以外に名前が挙がらないものについては、注意して調べたり、副業大学に相談してくださいね。


・不動産投資
・株式投資
・為替投資(FX)

メディア運営

若い年代に向けたメディアは、同年代が企画した方が感覚が近いので需要がある物が制作できます。

若い年代向けに映像コンテンツや記事を投稿して、人気メディアになれば、広告収入を得られる可能性が高いです。

また、メディア運営の副業ではインスタ、サイト、ブログ、YouTubeなどが『制作物=実績』として残ります。

結果、個人名や副業名がその業界で認知されるようになれば、著書を出したり、制作物そのものを売却して大金を得る人もいます。


・インフルエンサー
・ユーチューバー
・ライバー
・アフィリエイター
・ブロガー

20代が副業を行う理由

経験値を実践で身に付ける

新入社員の頃は業務を覚えることが必死でしたが、2年目になると仕事に慣れてきてしまい、新しいスキルを身に付ける機会が減ってきます。

年次が上がるごとにルーティンワーク化していくことが多くなります。

これでは成長できません。

筆者も旅行系システム開発と運用などもしていたことがありますが、プログラミングの言語はC♯やSQLのみでした。

そこで個人でサイトを制作してウェブ系の他言語などを習得しています。

大切なのは、勉強するのではなく副業にしてマネタイズをしていたことです。

これによって実践ノウハウが身付いてきました。

その後も積極的に知識を増やし、本業でも責任ある業務を任せられるようになりました。

個人の名前が世間に広がる

筆者は10代の高校生の頃に、個人ブログを副業で始めました。

その頃から、50代以降の経営者の方々からお中元や応援メッセージをいただきました。

さらに個人の名前を強調し続けた結果、ラジオやTV出演、ビジネス雑誌や新聞の取材がきたこともあります。

公的機関や商工会議所からセミナーのオファーが来るようにもなりました。

大切なのは、当時私が10代だったということです。

もし年齢が50代だとしたら、特に目立つことはなかったでしょう。

若いからこそ応援してくれる人が一定数いますし、10代だから注目される傾向にあると思います。

20代はまだまだ若く注目されるはずです。

打たれることもないほどに伸びる出る杭となるために努力しましょう。

中高年に搾取されない

20代は生産性が高いにも関わらず、低賃金です。例えば、20代前半では「平均年収267万円」20代後半では「平均年収370万円」です。

一方、50代前半は「平均529万円」、部長であれば「平均1153万円」になります。

ざっくりと記述させていただきましたが、中高年は生産性の割りに高賃金です。

会社全体で考えると『中高年は終身雇用で年功序列で給料が増える、代わりに若い世代は我慢してもらおう』という、20代が中高年の給料を補っている日本型企業がまだまだ多いことが原因でしょう。

しかし、現代は成果主義に変わり始めています。副業では「学歴、年齢などは関係なく、制作物や成果に対して見返りが貰えるネットビジネス」が揃っています。

副業大学は
・スキルが持った人が稼げる
・スキルがなければ身に付ける
ことができます。

是非、お気軽に相談してください。

※引用
国税庁「民間給与実態統計調査」


まとめ

今回は20代向けのオススメ副業3つご紹介しました。

具体的には次の3つをオススメします。

・転売(物販)
・ガテン系
・教育系
・投資系
・メディア運営

これからの働き方に悩んでいる方は、チャレンジしてみるという事がとても大切だと思います。

ぜひこの記事を参考に、新しい仕事や副業の選択肢として検討してみてください。

副業大学は副業案件の供給も行っています。

副業案件に関するご相談は、 LINE@ からお気軽にご連絡ください。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *